スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X'mas 素敵なクリスマスプレゼント

HAPPY CHRISTMAS!!
といってももう26日ですが。
昨日おとといとガーナで過ごすクリスマスを満喫いたしました。
なのでその様子をご報告。

クリスマスといえば、冬の一大イベント!!
寒くて雪が舞う中、イルミネーションで飾られた街中をカップルたちが…
家ではクリスマスケーキを食べ、プレゼント交換を楽しむ…
ってのが一般的なクリスマスですよね。
日本で言う。

ここはガーナです。
只今乾季に向かって突進中!!
ということで以前にも「ハマターン is coming!!」でお伝えしましたが、全くクリスマスモードになれません。
年末モードにもなれません。
四季の変化って時間を感じるうえでほんまに大事やなぁと感じます。

ということで基本over30度。
雪どころではありません。
水を探し求める状況でした。
ただ一部情報によると首都アクラでは大型スーパーの屋上から人口雪をまいてるようです。
すぐ溶けるやんという突っ込みと、そんな技術をどこから仕入れたのか…。

でもここはガーナの最北西、アッパーウエスト州ワ。
そんな技術はありませんし、そんな高いところもありません。
イルミネーションもありません。
多分そんなことしたら、すぐ停電になっちゃいます。
サンタの格好してる人も誰もいません。
暑すぎてあんな服着れません。
というか何人かに訊いてみたらどうやらサンタ知らないようです。
CMとかでは流れてるんだけど・・・。

というわけで一見すると普段と全く変わらない様子の町並み。
近所の大学生も帰省したのでいつもより静かでした。
じゃあ何をするのか!?



みなさん教会へ行かれます。
キリスト教の方々なので。
ただうちの地域はムスリムの人も半分くらいいます。
もちろん彼らには全く関係ないお祭りなので、全くお祝いしません。
いつものようにお祈りしてます。

で教会。
同居人の方がキリスト教の人で聖歌隊をやるということなので一緒について行きました。
まず24日、イブの日の晩です。
夜の8時から2時間、 教会で神父さんの話聞いたり、歌ったり、子供がやるちょっとした劇などを見てました。

感想は…長かった~。
英語半分、現地語のダガレ語半分なので何言ってるかもさっぱりで何度か落ちかけました。

でも周りを見ると…
寝てる人がたくさん!!
それもそのはず、早寝早起きのガーナ人には8時過ぎたらもう寝る時間。
朝4時から起きてるしね。
ということでそこまで厳しい感じではなく、ゆるーい感じの教会でした。
DSC01880.jpg

DSC01887.jpg


ただ歌うとなるとやっぱりガーナ。
電子ピアノにガーナ製木琴にマラカス、太鼓などアフリカらしい楽器がたくさん!!
メロディもなんとなくアフリカ風でのりがいいんです。
みんなメロディに合わせて腰振りだすし、
隣に座ってたビッグマダムはことあるごとに
「アイヤ~~~~ッ!!!」
と車のブレーキかと思うくらい高い声で叫びだします。
木琴
DSC01886.jpg
太鼓
DSC01885.jpg
叫ぶマダム
DSC01904.jpg


終いには何人か立ちだして、壇上に上り、神父さんともどもダンシング。
やはりこののりはさすがガーナだといつ見ても感心しちゃいます。

そんな中、うちの同居人の尾上さん。
なんとガーナ人に「きよしこの夜」の日本語版を教え込んでいたようで。
バラバラでしたが時々日本語と分かる素敵な歌が教会で響いてました。
この日のために練習していたようです。
DSC01895.jpg


そんな基本たーいくつな教会でしたが好きなことが一つ。
終盤あたりに周りの人たちと握手、挨拶をする時間があるんです。
全く見知らぬ人とも、笑顔で
「Happy Christmas!!」
と声を掛け合うと自然ととっても幸せな気分に。
心が温まる瞬間でした。

僕は宗教なんて今まで深く考えてこなかった、典型的な信仰心の薄い日本人ですが、こういういろんな人が同じ場所に集まって、同じ時間共有して、挨拶しあってっていう習慣があるのは何かいいなぁと感じています。
日本ではこういう体験はあまりなかったので。


そして本番の25日。
こんな2時間の教会がの朝9時からもありました。
やってることはほとんど前日と同じように見えました。
実は内容が全然違ったのかもしれませんが…。
なので教会の様子は割愛。

午後はホストファミリーの家にinviteされました。
クリスマス用のごちそうが準備されてました。

DSC01910.jpg

ムスリムの犠牲祭(サラ)の時もそうでしたが、ガーナ人はお祭りのときはたくさんの料理を作ります。
そしてそれを親戚やら知り合いやらで分け合います。
なのでクリスマス用のお皿が家にはたくさん用意されていました。
ガーナはシェアの文化なのでみんなで分け合うのが習慣の様です。
僕もたらふくいただきました。

他に家で変わった様子は特別なく。
いつもより親戚、子供が多く遊びに来てて、
いつもより多くのファンタが飲めるといったとこでしょうか。
特別な飾りつけも、ケーキもなくいつもよりちょっと豪華な食事といった雰囲気。

特にすることもなく…。
ということでお約束の野球を子供と行いました。
午後2時という一番暑いときに。
そっこーで干からびそうでした。

DSC01913.jpg

そんな感じでクリスマスは過ぎていきました。
印象としてはほんとに特別なんかすごい盛り上がってるってわけでもなく、
教会で祈り、少し贅沢なご飯をたべ、あとはのんびり過ごすといったガーナのクリスマスでした。
確かに本来は教会でのお祈りがメインイベントですもんね。

夜中は音楽が鳴り響いてたのでどっかでダンスパーティーでもしてたのかも。
来年はそんなとこに乱入してみようかなとも思ってます。

クリスマスののーんびりのガーナでした。


PS 朝起きたらクリスマスプレゼントがいました。

DSC01871.jpg

どこから入り込んだのか、うちの塀の中に入り込んでました。
しかも…

DSC01866.jpg

めすです。
これで毎日の朝ごはん困りません。
サンタさんありがとう!!

スポンサーサイト
プロフィール

YU

Author:YU
青年海外協力隊として、西アフリカのガーナの高校で理科の先生やってます。

小学校から高校までずっと野球部に所属。大学では物理勉強する傍ら、草野球に明け暮れてました。研究室を飛び出してアフリカ行きを決断。

今年の9月末よりガーナで活動始めました。
アフリカの地でも野球をとグローブとボールを片手に…
ちなみに初海外です!!

連絡ある方は
wa-tatsu89@hotmail.co.jpまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
野球小僧への訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。