スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラバスと現実のはざまで・・・  

今週は体調も復活!!
昨日、一昨日と授業をがっつりやってきました。
内容は加速度と等加速度運動の式のやつ。
等加速度直線運動
こんな公式が出てくるやつです。
やっと物理らしくなってきて、教えがいがあるなぁと思いながら準備してたのですが・・・

結果さんざんでござんした。
授業崩壊とまではいかないけど、ひどい授業やってしまいました。

準備した内容全然終わらず、公式の導入も生徒にききながらやるつもりが、
あまりにも答えが返ってこず、結局自分だけのペースで説明して、
ほぼ生徒全員振り切ってしまいました。
しかも一日の最後の授業ってこともあり、終盤生徒は集中力が完全に切れ、
まだ10分時間あるのに時間だからやめようとか言いだすし・・・。
はじまりの集まりもめっちゃ悪くて、
生徒のマネジメントも全然できてない。

怒ってやろうにも、なかなか言葉に出来ず、
流されて、生徒に合わせてしまってる自分が情けない。

久々に自分にへこみましたね。
こうなった理由はいろいろあるのですが・・・。


まずそもそも授業内容を詰め込みすぎたこと。
加速度のとこは物理の初めの関門で多くの日本人ですら躓き、物理が嫌いになる要因の一つのトピックスでもある。
そこを単位換算もまともに出来てない生徒たちに、80分×2回の授業で詰め込んでやろうとしたのが、そもそもの間違いでした。

ただなぜ詰め込んだかというと・・・


このままのペースではまったくもってシラバスの範囲が終わりません!!

今回授業やる前に計算したんです。
今年ある残りの授業数と、終わらせるべき内容の量を調べて。
で一回の授業で進むべき内容を。
その結果、このペースでいかないと終わらんとの算段のもとに授業を作りました。
かなり詰め込んでも結構いっぱいいっぱいの計算だったのですが。

この原因としてはまずシラバスの量が多すぎる。
確実に日本の高校生の物理の内容より多い量が記されてます。
レベルは別としても。
特に3年生とか原子核物理的なことまでちゃっかり入ってます。
単位換算できないのに・・・。

そして理由2つ目。
今年の1年生が可哀そう過ぎる。
ガーナ人は基本行き当たりばったり。
政策も行き当たりばったり。
ってことで以前までは日本と同じく高校は3年制でしたが、
今年の高校2年生から4年生までは高校が4年制に。
でまた今年の1年生から3年制に戻ったのです。
そのせいで今年から学校に4学年が存在することに。
当然教室などの整備が遅れ、今年の一年生はどこも入学が遅れ、一学期はまともに授業してないことが多いのです。
でも卒業は今の2年生と同時だから、大学等の倍率も倍に。
ただでさえ1年間のハンデがあるのに、さらに授業時間削られてます。
このままじゃやばいぞ一年生。
でも今の1年生たちにはその危機感は感じられませんが。

そしてこれが一番厄介なんだけど、急に授業が無くなる。
てか出来なくなる。
行事やらなんやらで。
本当なら一学期も10数回授業できる算段だったんやけど・・・。
結局出来たの6回だけ。

そんなこんなで時間が足りないので詰め込んでみました。
そしたら崩壊しました。


そして崩壊の理由2つ目。
思わぬところで生徒が躓く。
台形の面積求められません。
一次関数(y=ax)のグラフが全く書けません。
そもそも速度の計算が怪しい。
でそこの説明をその都度戻ってしてたら、結局何やりたかったのかわかんなくなってきて・・・。


大きな理由そんなとこです。
ってことでシラバスをとるのか、生徒のレベルをとるのか、
授業の方向性についてちょっと悩んでました。


で考えた結果。
結局自分のやりたい授業ってどんなだって事になりました。
一方的に教えるのでなく、生徒に興味を持たせて、考えさせて、出来れば自分たちで答えを見つける、そんな生徒が自発的に取り組める授業を目指したい!!
なんて偉そうなことを面接で言ったのを思い出しました。
言うのは簡単だけどね。
実際やってみるとうまくいかないものです。

でもやっぱりこの部分は大事にしたいと思います。
まず今回一方的に詰め込んでやった授業が全然詰まんなかったので。
やっぱ生徒のへぇ~っていうのをたくさん引き出したいなって思うし、
ガーナ人じゃなくわざわざ英語の喋れないナサラが授業やるメリットは何だと言われたら、
暗記中心だけじゃない理科の姿を授業、実験を通じて生徒に体感させてやることだと思うので。


そしてなにより今回一方的に詰め込んでやった授業が全然詰まんなかった。
せっかくやるんだから楽しんでやらないと。
先生がつまらん授業が生徒が面白いはずがない。

シラバスの内容を教えるんじゃなくて、一番は理科の楽しさ、考える楽しさ、解ける喜び、発見する喜び、そんなところを伝える方が大事なんじゃないかと考えなおしました。
もちろんサイエンスショーじゃないので知識を増やすことは大前提ですが。


そんなこんなで来週からもうちょっと工夫凝らして授業に臨もうと思います。
急がばまわれ。
シラバスの内容終わらすのを目的とするのでなく、実のある授業を目指して。
しっかりと準備を!!


あっ、あとクラスマネジメントも。
最近なめられつつあるのでガツンとルールを作ってやらないと。
苦手だけどルール破ったやつには鬼になってやろう。
いい怒り方あれば教えてください。



PS うちの学校のチャイム part2
DSC02164.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

YU

Author:YU
青年海外協力隊として、西アフリカのガーナの高校で理科の先生やってます。

小学校から高校までずっと野球部に所属。大学では物理勉強する傍ら、草野球に明け暮れてました。研究室を飛び出してアフリカ行きを決断。

今年の9月末よりガーナで活動始めました。
アフリカの地でも野球をとグローブとボールを片手に…
ちなみに初海外です!!

連絡ある方は
wa-tatsu89@hotmail.co.jpまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
野球小僧への訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。