スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来立てほやほや!! ~小学校W訪問~

今週は結局学校始まらなかったぞ。
その代り、教育委員会やら州のお偉いさんとやらの事情聴取に僕もお呼ばれしました。
この事情聴取に2週間を費やしていたそうで。
他の先生や一部役員の生徒も受けた模様。

内容は誰にもしゃべるなと言われたので秘密。
でも大半の質問は無意味に近いものでした。

「石投げられたとき怖かった?」
「今どこ住んでるの?」
「じゃあ、みづほ知ってる?」
「俺は高瀬って日本人と友達だったぞ!!」

え~っと、なんの事情聴取だ、これ・・・?
唯一まともな質問は
「いつから学校始めるべきだと思う?」

即答で「明日から!!!」

というわけで何とか来週から学校がはじまる模様。
ちゃんと生徒は集まるのか?
そもそも生徒の怒りは収まっているのか?
何か根本の問題解決は何もしてないまま進んでいきそうな気がしてなりませんが、
とりあえず早く授業が再開することに期待!!
様子を見守ってみます。


そんなこんなでWaに帰ってきても暇人の今週は、活動を見に来たボランティア調整員の方に便乗して、他の方の活動を見に行くことに。


1人目は同居人の田中みづほさんの授業を見に家の近くの小学校へ!!
みづほさんは現職参加で来ているの小学校の先生で、ワにある小学校を巡回して授業したり、教材を配ったりしてます。
いつも高校しか知らないので小学校の見学はちょっと新鮮でした。

こんな校舎
DSC02641.jpg

でこんな教室
DSC02635.jpg


今回は6年生の授業。
どうやら1学年1クラスしかないようです。
内容は図形の面と角と辺を数えるぞってもの。
ここでこれ使ってました!!

DSC02629.jpg


先日紹介したストローモデル!!!
立方体や三角錐などなどをストローで再現。
それを見ながら辺は何個だ面は何個だって生徒に考えさせる授業でした。

やっぱりこうやって目で見えるものを使うってのは大事だなーって実感。
というのも一見簡単そうに見えて、やっぱりなかなか答えられない生徒たち。
普通のガーナ式授業だと、立方体は辺が12個、面が6個、で角が8個だ!!
って先生がびっちり言葉のみで板書して、
「分かったかー!!」
「イエス、サー!!」
ってなるところ。

やっぱ図形なんてイメージできて何ぼなんで、物を使って実際に形を見ないと理解出来ないよね。
ってことで必死に答えを探す生徒たち。

DSC02625.jpg

DSC02631.jpg

特に円錐や球体など曲面が入ってくると難しいようで。
かなり間違えて答えてましたが、今回の授業で大分立体のイメージが持てたのでは!?

こういう授業を僕らJOCVだけがやるんじゃなくて一番の目的はガーナの先生たちにもやってもらうこと!!
ってことで来週からみづほさんは小学校の教師向けにワークショップをやる予定。
みづほさんは3月で日本に帰られるので最後の活動です。
学校が始まってもそんなに忙しくないのでこちらにも出来る限り参加しようかと。


そしてお次は前回も紹介した村落開発普及員の傳野さん。
前回訪れたのはチャリヤ村
今回はまた別の村、サンチガ村に行ってきました!!

こんな村↓
DSC02680.jpg


ここサンチガはチャリヤよりもレベルが高い村。
電気もないし、お店ももない。
ザ・アフリカンビレッジでした。

もちろん井戸!!
DSC02687.jpg


こんなサンチガに傳野さんは小学校を作ろうと活動していました。
その計画を立てたのが去年の夏の終わりごろ。
でなんとつい最近出来ちゃったのです。
サンチガ小学校。

なんとわずか半年くらいで出来ちゃいました。
ガーナにしては驚異の速さです。


その校舎がこちら!!
DSC02644.jpg

これが全校舎です。
右側は只今建設中。
つい最近まで屋根がなかったとか。
お母さん、お父さんたちが頑張って作ったようです。
問題は雨期に耐えれるのか・・・!?


中を覗くと・・・
DSC02650.jpg

DSC02649.jpg

こんな感じで授業が行われていました。
新品の黒板も保護者でお金を出し合ったんだとか。
机もない中で40名程度の子供たちが授業を受けていました。

驚くのは生徒は幼稚園児から大きな子(12歳?)まで1つの教室で同じ授業を。
なぜかというと、教室1つだけ&先生は校長先生一人だけ。
早く他の追加の先生をと要請してるんだけどなかなか決まらないようで。
そんな状態でも小学校完成っとしてしまうところがガーナです。

でもみんな授業は楽しそうにやってました。
なんせ最初はBallという単語も知らなかった子供達だったそうで。

まだまだいろんな問題が山積みですが、確実に進んできているサンチガ小学校の生徒たち、1人で頑張る校長先生、その周りで生活している村の人たちを見て、何かとってもあったかい気持ちになりました。

みづほさんは何回か先生として一緒に教えに来たこともあるんだとか。
僕もチャンスがあれば、この子たちと理科の実験を!
そしてキャッチボールを!!

そんなことをしながらこの村の、小学校の行く先を見守っていけたらなぁと思ったサンチガ村訪問でした。


両小学校とも、とっても貴重な経験でした。
こんなチャンスをくれたうちの生徒にちょっと感謝!笑
また行きます!!


PS こんな家、一回住んでみたい!!
DSC02671.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

YU

Author:YU
青年海外協力隊として、西アフリカのガーナの高校で理科の先生やってます。

小学校から高校までずっと野球部に所属。大学では物理勉強する傍ら、草野球に明け暮れてました。研究室を飛び出してアフリカ行きを決断。

今年の9月末よりガーナで活動始めました。
アフリカの地でも野球をとグローブとボールを片手に…
ちなみに初海外です!!

連絡ある方は
wa-tatsu89@hotmail.co.jpまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
野球小僧への訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。