スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワセクテックの実験簿 その①   振り子の周期測定

学校もいろいろと新学期はじめでごちゃごちゃしていましたが、
やっと軌道に乗り、まともに授業できるようになってきました!


というものの、時間割はいまだに去年度のものを使っております。
いつ変えるのか分かりません。。。


そんな感じでしれっと始まった2年目の一学期。
授業は相変わらず1、2年生の2クラスだけとそんなに多くありません。

そこで今期の活動の目標を考えました。


それはガーナ人の先生と一緒に実験をすること!


今までは授業してない教室に勝手に入っていって、
実験の紹介というか、
ほぼサイエンスショーみたいなことをしていました。

こんな感じで↓
DSC02285.jpg




でもなかなか授業につながらなかったり、
結局自分だけでやってちゃ学校に何も残せない・・・。

ということで授業が少ない分、
他の先生の実験を準備して、
他の先生の授業で実験の授業をやらしてもらおうという計画を立てました。


そしてその第一弾!

今回しっしょにやる先生はこちら!!

DSC00892.jpg

サイエンス科長のMr.カドリ。

この先生、非常に僕に協力的で、
英語を馬鹿にすることも無く、
いろいろと知識を求めてきてくれる、
今ではガンダに代わって一番のカウンターパートです。

*ガンダの行くへはまた後ほど!


この先生と4年生の物理の実験として、
振り子の周期の計測を学校の行いました。

理科室
DSC00905.jpg

長さ測って・・・
DSC00896.jpg


時間測って・・・
DSC00904.jpg



学校でガーナ人の先生主導で実験を行ったのは初!

ってことでいろいろ感じることも多く、貴重な時間でした。

一番の感想は実験もやっぱガーナ式だなって思ったこと!

今回の測定は振り子の長さを測り、

10回振り子が振れる時間を計測して周期を求め、

また違う長さで測定し、グラフにして公式を確認っていう流れ。

その実験を見ながら感じたことは

これって実験じゃなくてただの作業じゃん。。。

ということ。


というのも最初に実験の手順を説明して、

値のまとめ方も説明して、

グラフの書き方も全部指定して、

はいこの通りにやりなさいっていう流れだったからです。


その中に実験で一番大事だなと思う、

予想、考察というセッションが完全にありませんでした。

なのでただいわれた時間を測定して、

出てきている式に当てはめて計算しておしまいの実験でした。


これじゃ実験が探求になる部分が無く、

ただの作業で終わってしまうと感じたのです。


例えば今回の振り子の実験だったら

「長さを変えたら周期はどうなるか予想しよう!」

とか

「同じ長さでおもりの重さを変えたら周期はどうなる?測定してみよう!!」

とかっていう導入があるだけで全然変わる。


でも良くも悪くもガーナ式は1つの答え通りにやることを好むので、

実験に関しても、この実験は、この状況で、この手順で、これを測りなさい。

そしたらこの値が出てくるから。

出てこなかったら間違い。


というスタンス。

そこに生徒の試行錯誤が入ってくることは無いです。

これじゃあガーナにサイエンティストは育たないなぁと実感した一日でした。


そんなガーナの実験の状況も踏まえ、

よりサイエンスが楽しく、かつ実用的に思えるような実験を、

ガーナの先生と共に残り一年できたらいいなと思っています。


とりあえず一歩。


 PS 今回えらそうな記事書きながら、でも俺も大学の実験とか訳分からず作業に徹してたなと思い出すのでした。


帰り道での一枚
DSC00912.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YU

Author:YU
青年海外協力隊として、西アフリカのガーナの高校で理科の先生やってます。

小学校から高校までずっと野球部に所属。大学では物理勉強する傍ら、草野球に明け暮れてました。研究室を飛び出してアフリカ行きを決断。

今年の9月末よりガーナで活動始めました。
アフリカの地でも野球をとグローブとボールを片手に…
ちなみに初海外です!!

連絡ある方は
wa-tatsu89@hotmail.co.jpまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
野球小僧への訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。