スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMART Project

SMART Project


Science Mathematics Activity Resource for Teaching


通称スマプロ☆


先日、タマレという北部で一番の町で理数科イベントを行いました。

今やガーナ理数科分科会の恒例イベントの1つになりつつあるこのイベントのご紹介。

会場は教員養成校でした。

この教員養成校は高校卒業した生徒が小学校の先生になる資格を取るためのカレッジ。

生徒たちは先生の卵です。


そしてこのイベントの大目的はその先生の卵たちに、

「理数科の授業で使えるTLMを紹介するぞ!!」

って言うもの。


今回は4つの授業が行われました。


1つめ。
「回路を作ろう!!」

DSC01890.jpg



現職の大先生、純さんのクラスでした!

純さんは小学校教諭として小学校を巡回指導しているのですが、

小学校のシラバスに電気回路の性質という分野があります。

しかしガーナの現状は回路を作る道具が小学校に無いから実物を作れない

→ 言葉のみ、定義のみの授業

という風になってしまってます。

そこで純さん。

町で手に入る材料で作ってやろうじゃねぇか!!!

ということで作ったのがこちら。

DSC01855_20111116122348.jpg


材料はペットボトル、延長コードからとった銅線、アルミニウムホイル、クリップ、豆電球、空マッチ箱となっております。

占めて約2~3セディ(150円)で手に入ります。

これな先生たちにも手が届く!!


ということでこれらを使っての電気回路の作り方の授業でした。

ガーナ人、こういうあるものをつなぎ合わせて、何とか動くようにするってのは比較的得意なように思います。

みんな時間内に作り上げ、電気がつくと満足げな顔でした!

DSC01990_20111116122348.jpg


DSC01992.jpg





お次は我等が大博士、泉先生の静電気の授業

DSC01901.jpg


これがまたねたが豊富!

ストローを触れずに動かしてみたり、

アルミホイルではく検電器つくってみたり、

百人脅しでガーナ人に電気流してみたり。。。

DSC01961.jpg


もうガーナ人の反応の素晴らしい事といったらありません。

触れずに動くものを見て

「エイッ!!!!」

電気の痛みに

「アイッ!!!!」

とおおしゃぎ。

そしてそんな狙い通りの反応を見て博士は楽しむのでした。

DSC01964.jpg



続きましてはまたまた同期の大先生はるなさんの算数。

DSC02131.jpg


掛け算のアクティビティの紹介でした。

まず小学校隊員から小学生の九九正答率のデータを集め、

九九が完璧でないことを説明。

そこから九九の計算演習を楽しんで出来るアクティビティを紹介していました。

例えば、、、

二人一組でカードを出し合い、その数の掛け算の答えを言う

→早く言ったほうがカードゲット!


とか


掛け算の式を見せて、答えのカードを探す神経衰弱掛け算だったり。


競争大好きガーナ人。

めーちゃくちゃ盛り上がってました。

カードが破れるくらい取り合うなど意地でも負けたくない様子。

DSC02121.jpg


でも先生のはるさんも彼らに負けずに叫んでおりましたが。

先生も夢中になれるの大事ですね!



そしてラストは理数科ではありません。

青少年と村落の小西&相川ペアによる美術!

DSC_0300.jpg


今回の新たな取り組みとして情操教育も取り入れてみようということで、

美術の授業が組み込まれました!

ガーナの美術は自由度が無いそうです。

他の授業と一緒で例えば車とはこういうものだから、これとこれとこれを描きなさい。

そうでないものは間違いですって教え方をしているようです。

この授業を通して伝えたかったものは自分で創造すること!

型にはめるのではない自由な美術の授業の提案でした。

DSC02073.jpg


で内容は手元にある厚紙やキャップ、トイレットペーパーの芯などで

大切な人に贈り物を作ろうって言うお題でした。


みんな熱心に、もくもくと作成中!!



思えばガーナ人が自由に何か作ってるのって始めて見るような気がしました。

理科の実験では自由にやれなんてなかなか出来ないし、

建てている建築物もほとんど同じ造り。

決まった方にはまらずに自由に自分なりに作品を作っている彼らの顔は、

普段の顔、また理科の実験中の顔とも違う顔だったかなって思います。

こんな生徒の自由度、自分の授業や学校の活動で取り入れられれば面白いかもっとおもった授業でした!



こんな4種4様の授業を生徒たちはそれぞれ、存分に満喫していたように思います。

今回彼らが得たのは授業の方法やマテリアルの作り方ってのももちろんですが、

それだけでなく授業を楽しんだ気持ちじゃないかなとも思います。

4つの授業それぞれの楽しみがあり、それを体験した先生の卵たち。

その楽しんだ気持ちを忘れずに、先生になったときに生徒に同じ思いをさせてやろうって思えれば、

授業を工夫する気持ちが出てくるんじゃないかなと。



そんな期待も持てるようなすばらしいイベントだったと思います!


それからもこのスマプロを土台にして、

いいものしっかり引き継いで、

理数科分科会の活動をより盛り上げていこうと思うのでした。

DSC_1360.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

YU

Author:YU
青年海外協力隊として、西アフリカのガーナの高校で理科の先生やってます。

小学校から高校までずっと野球部に所属。大学では物理勉強する傍ら、草野球に明け暮れてました。研究室を飛び出してアフリカ行きを決断。

今年の9月末よりガーナで活動始めました。
アフリカの地でも野球をとグローブとボールを片手に…
ちなみに初海外です!!

連絡ある方は
wa-tatsu89@hotmail.co.jpまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
野球小僧への訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。